年齢が高くても英語は話せるようになるのか?

英語に全く興味がない人は別として、ある程度の年齢になっても、英会話を習得したい人はたくさんいます。
まして世の中はグローバル化して、日本の観光地を訪れる外国人観光客は年々増え続けています。
京都の神社仏閣では、本当に日本なのかと思えるほど、外国人に出会います。
好奇心があって、向上心を持っている年配の方は、こういう時、「英会話がスムーズにできたらな~」と思う筈です。
最近盛んな幼児の英会話教室は、大体3歳から始め、習得も目まぐるしい成果があると言われています。
けれど、それは今の時代の話で、昔は、英語教育というものは中学生から始めるのが基本でした。
ですから、今活躍している英語に携わっている人達は、中学生以降から学んだ人がほとんどでしょう。
結論から言えば、努力も必要ですが、年齢が高くても十分英会話の力は身に付きます。
「好きこそ物の上手なれ」の精神で挑めば、簡単な会話位は、直ぐにマスターできるでしょう。
人とのコミニュケーションは、国が違えば勿論言語ですが、身振り手振りの表現力も必要です。
日本人はシャイな性格の人が多いので、大袈裟なジェスチャー等は苦手です。
ですが、単語を並べて、スマイルで体を使って表現すれば、案外伝わるものです。
幾つになっても、何かに挑戦することは素晴らしいことで、それが生きがいになったりします。
孫と一緒に英語が話せるなんて、素敵ではないでしょうか!

ビジネス英会話の自己紹介のフレーズを3つ紹介するよ

ビジネスで出会った仕事上の相手と会話を進めていく前には、挨拶をしなくてはなりません。
相手が誰かもわからない状態で仕事の話を進めていくわけにはいきませんので、自己紹介をして自分を知ってもらうようにしたほうがいいでしょう。
ビジネス英会話で自己紹介をするときには、まずはLet me introduce myself to you自己紹介させて下さいと一言伝えることです。
その後に自分の名前をMy name is何々と名乗り、名前を憶えてもらいます。
距離を近づけたいと思うのであれば、Please call me何々と呼んでもらいたい名前を伝えてみるのもいいでしょう。
ビジネスを始めるときには、相手が誰なのかを知らなくてはなりませんので、必ず自己紹介をしなくてはなりません。

自己紹介の時に一緒に行いたいのが、握手です。
日本ではビジネス前に握手をする習慣があまりありませんが、海外では握手で始まることも多いですので、自然な流れで出来るようにしておくといいでしょう。
日本と海外では文化の違いがありますので、驚くこともいろいろ出てきます。
しかし文化の違いを感じたときに、驚いて不快に感じるのではなく、相手の文化をうまく取り入れたり理解をしていく事で、ビジネスもいい方向に進みやすくなりますので、柔軟に対応うすようにしなくてはなりません。

堂々とした態度で自己紹介がスムーズにできるようにしておけば、相手に不安を与えなくて済むでしょう。

【関連記事】

海外旅行で困らない英会話を身に着ける方法とは?

外資系企業で英語で仕事をするにはどんな英語が必要?

外資系企業で働くとなれば、英語が出来て当然と思っている人が多いですが、実際にはすべての社員が英語を使って仕事をしているのでしょうか。
基本的には文書なども英語でやり取りするものが多いですので、日常的に使われるようになります。
しかし文書でやり取りをされることというのは、内容が同じような感じのものが多いですので、英語力がない人でもそれなりに理解できるようになっていきます。
そして外国人の相手と仕事をしていくとなれば、幹部クラスになってからが多いですので、入りたての新入社員の場合は、あいさつに毛が生えたくらいの英語力でも何とか対応していくことが出来るでしょう。
仕事の中で日常的に使われるようになりますので、語学力がある方が有利に仕事はできます。
海外出張などが入る場合には、語学力がなければ難しい部分も出てきますが、自然と身についてくる部分でもいあります。
あまりにも通じなければもっと学ばなければと思うようになりますので、仕事で必要な分野の英語を学ぶようになるでしょう。
入社したときにはほとんど話すことが出来なかった人でも、働いていくうちにどんな英語を学んでいけばいいのかの分野がわかってくることになりますので、時間をかけて学んでいく人もいます。
帰国子女や留学経験のある人は、他の人たちよりも有利な場合もありますが、後は努力次第で乗り越えていけるものでもありますので、途中で挫折することなく必要なことを学んでいくといいでしょう。

外資系の面接では英語が話せないとダメ?

外資系といえば外国人が職場にたくさんいて、常に外国語でコミュニケーションをとっているイメージがあります。

外国語では英語を使う人が多いので、英語が話せなければ外資系の面接を受けても落とされてしまう気がしますが、これは絶対ではありませんので、思い込みは捨てましょう。よく求人で見かけるのが、TOEICの条件です。

700点以上などの条件付きの募集内容があるところが多いものの、実際に外資系の面接を受けてみると英語が話せれば嬉しいという基準だけで、実際には厳密な条件ではないケースが多々あります。TOEICの点数にあまりにもこだわって諦めてしまうのではなく、積極的に応募してみましょう。

きちんと配慮のある会社であれば、面接で通訳の人がいますので、日本語が通じない面接官であっても安心です。

外資系といっても海外からの出資比率が多かったり、外国法人という意味だけで、日本語環境の職場というのは少なくありません。英語は仕事をしながら学んでいくつもりでも構わないでしょう。

海外旅行で困らない英会話を身に着ける方法とは?

海外旅行を予定されている方は、ある程度の英会話を身に着けておくことで、旅行先で困ってしまう心配を無くすことができます。

困らないための英会話の身に着け方としては、まず英語の会話を聞く力をつけるためにも、英会話のCDなどを購入されてみるのも良いでしょう。書店にテキストとCDがセットになっているものが販売されているので、そちらを購入するのもおすすめとなります。お金をかけたくないという方は、ラジオなどでも英語の会話を放送されていることがあるので、自宅で家事や炊事、くつろいでいる時などにそちらを聞いてみるのも良いです。

【関連記事】

年齢が高くても英語は話せるようになるのか?

他にも、海外のドラマや映画を見るという方法もあります。そちらは字幕が付いているものを見て、内容を理解しながら見ていくようにしましょう。ただ、早口で英語を言っていることが多いので、まずは子供向けの映画などから始めたほうが理解しやすいかと思います。

最近では様々なスマートフォンのアプリもあり、資格勉強や学生のテスト対策ができるものなどができるものもあります。もちろん英会話や英単語を学べるものもあり、無料で利用できるアプリもたくさんあります。

そちらのアプリをダウンロードすることでどこでも手軽に学ぶことができるので、無料のものをどれか一つためしてみるというのも良いかと思います。

一番効率が良い方法としては、英語が話せる外国人の方と話すことになり、外国人と話すことができる英会話カフェと呼ばれるものもあるので、そちらに出向いてみるのも良いでしょう。

外資系に転職するなら英語は必要?

外資系企業で働くことは多くの人にとっての憧れですが、そのためには英語という高いハードルを越えなければなりません。外資系と言えども日本の社屋で働き、社員も日本人の割合が高いため英語が必要ないと考えている人もいますが、転職するなら必須です。
まず、外資系企業の採用計画では英語が出来ない人は最初から考慮されていません。なぜなら、日本の社屋で日本人とともに働いていても顧客や本社の社員は外国人が多く、グローバルに事業展開をしているからです。日本支社の社内では日本語で業務を行えたとしても、一歩外に出たら英語が話せなければ何も出来なくなってしまうのです。
また、日本支社であっても社内の公用語は英語です。上司が日本人で、チームのメンバーも日本人ばかりであれば日本語で仕事をすることは可能ですが、他の部署とのやりとりや会議に出席する段階では日本語が使われることはまずありません。日本語しか話せない社員がいるとそれだけで業務が滞ってしまうのです。
外資系企業に転職するためには、業務スキルはもちろんのこと英語が話せることも絶対条件です。転職を考えているのであれば、一定水準の英語力が求められるのです。日頃から勉強を続けておきましょう。

英会話教材の種類はどんなものがあるのか解説するよ

様々な企業から英会話教材は販売されているので大変多くの種類がありますが、大きく分けると、リスニング型やリーディング型やスピーキング型や通信講座などやパソコンソフトなどを使った教材などがあります。

リスニング型教材の特徴は、CDプレーヤーなどを利用して英会話の学習を音楽を聴くような感じで学ぶ事が出来ます。リスニング教材を使うと、英会話で大切になる正しい発音が身に付けられます。スピード調節なども自分に合わせてできるので、英会話を始めたばかりの初心者から上級者まで相手に伝える事が出来る英会話を身に付ける事が出来ます。

リーディング型教材の特徴は、書籍やテキストなどを使って読む事に重点を置いています。英会話には正しい文法も必要になり、独特の言い方なども学ぶ事が出来ます。通信講座を使った英会話の特徴は、質の高い教材が毎月送られてるという点があります。また、レポートなどの添削指導も受けられるので、英会話の初心者でも安心して学ぶ事が出来ます。パソコンソフトを使った英会話の特徴は、自分の好きな時間にネイティブスピーカーの発音を聴きながら英会話を学ぶ事が出来る点です。慣れない英語の発音も、口の動かし方などを見ながら何度でも練習できます。そのため、英会話を発音などを細かく身に付ける事が出来ます。英会話教材には種類がたくさんありますが、自分の英語力や学習出来る時間や費用などに合わせて選ぶ事が大切です。