外資系企業で英語で仕事をするにはどんな英語が必要?

外資系企業で働くとなれば、英語が出来て当然と思っている人が多いですが、実際にはすべての社員が英語を使って仕事をしているのでしょうか。
基本的には文書なども英語でやり取りするものが多いですので、日常的に使われるようになります。
しかし文書でやり取りをされることというのは、内容が同じような感じのものが多いですので、英語力がない人でもそれなりに理解できるようになっていきます。
そして外国人の相手と仕事をしていくとなれば、幹部クラスになってからが多いですので、入りたての新入社員の場合は、あいさつに毛が生えたくらいの英語力でも何とか対応していくことが出来るでしょう。
仕事の中で日常的に使われるようになりますので、語学力がある方が有利に仕事はできます。
海外出張などが入る場合には、語学力がなければ難しい部分も出てきますが、自然と身についてくる部分でもいあります。
あまりにも通じなければもっと学ばなければと思うようになりますので、仕事で必要な分野の英語を学ぶようになるでしょう。
入社したときにはほとんど話すことが出来なかった人でも、働いていくうちにどんな英語を学んでいけばいいのかの分野がわかってくることになりますので、時間をかけて学んでいく人もいます。
帰国子女や留学経験のある人は、他の人たちよりも有利な場合もありますが、後は努力次第で乗り越えていけるものでもありますので、途中で挫折することなく必要なことを学んでいくといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です