外資系の面接では英語が話せないとダメ?

外資系といえば外国人が職場にたくさんいて、常に外国語でコミュニケーションをとっているイメージがあります。

外国語では英語を使う人が多いので、英語が話せなければ外資系の面接を受けても落とされてしまう気がしますが、これは絶対ではありませんので、思い込みは捨てましょう。よく求人で見かけるのが、TOEICの条件です。

700点以上などの条件付きの募集内容があるところが多いものの、実際に外資系の面接を受けてみると英語が話せれば嬉しいという基準だけで、実際には厳密な条件ではないケースが多々あります。TOEICの点数にあまりにもこだわって諦めてしまうのではなく、積極的に応募してみましょう。

きちんと配慮のある会社であれば、面接で通訳の人がいますので、日本語が通じない面接官であっても安心です。

外資系といっても海外からの出資比率が多かったり、外国法人という意味だけで、日本語環境の職場というのは少なくありません。英語は仕事をしながら学んでいくつもりでも構わないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です