外資系に転職するなら英語は必要?

外資系企業で働くことは多くの人にとっての憧れですが、そのためには英語という高いハードルを越えなければなりません。外資系と言えども日本の社屋で働き、社員も日本人の割合が高いため英語が必要ないと考えている人もいますが、転職するなら必須です。
まず、外資系企業の採用計画では英語が出来ない人は最初から考慮されていません。なぜなら、日本の社屋で日本人とともに働いていても顧客や本社の社員は外国人が多く、グローバルに事業展開をしているからです。日本支社の社内では日本語で業務を行えたとしても、一歩外に出たら英語が話せなければ何も出来なくなってしまうのです。
また、日本支社であっても社内の公用語は英語です。上司が日本人で、チームのメンバーも日本人ばかりであれば日本語で仕事をすることは可能ですが、他の部署とのやりとりや会議に出席する段階では日本語が使われることはまずありません。日本語しか話せない社員がいるとそれだけで業務が滞ってしまうのです。
外資系企業に転職するためには、業務スキルはもちろんのこと英語が話せることも絶対条件です。転職を考えているのであれば、一定水準の英語力が求められるのです。日頃から勉強を続けておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です